「普通の感覚」を大切にする

Web制作をする上で「普通の感覚を」もつことが必要になります。
何が「普通」かは人それぞれという結論になることも多いですが、
感性が鋭過ぎる人、いつも自分が好むデザインで制作してしまう人には「普通の感覚」が不可欠です。

「自分=普通」というように普通が見えないと、狙いたいはずの結果がでないことがあります。

「自分はこう思うが、商品のターゲットになる多くの人は、こう思うだろう。」と感じないといけません。

普通の感覚がないと、市場に合った言葉やアイデアを出すのは難しいです。普通の感覚で、選ぶ言葉や企画、アイデアが面白いのが理想です。

業界の常識がターゲットには非常識なこともあります。
「自分=普通」に陥らないよう、普通を見極める力を養っていくことが必要です。

「普通」を知ったうえで「伝えたいこと」を見出しましょう。

イージャパン21は広島県、広島市を中心に全国をサポートしています。
これからもWebサイトの成長を可能にするものを制作していきます。

関連記事

  1. なぜブログを勧めるのか?

  2. ネットショップ開設で楽天市場を勧める理由

  3. ホームページ制作ではサイトマップが重要!

  4. Webサイトの重要性の低下

    Webサイトの重要性の低下